So-net無料ブログ作成
検索選択

プロ野球開幕!三嶋投手/能美投手は大丈夫なのか・谷繁選手兼任監督の課題とは?(3/29) [芸能]

こんにちは!久々の更新ですみません!owataneです!

いやー。遂に開幕しましたね!プロ野球(NPB).

自分は楽しみで仕方がなくて、開幕日は家に6時ジャストで帰りつい速攻でTVをつけましたよw

で、自分はソフトバンクのファンなのですが。セレモニーなどの予定で6時半からでしたので、

先に、巨人vs阪神戦を見てました!巨人戦は坂本片岡の1.2番コンビのHRと

ロペス、アンダーソン選手の両外国人選手もHRを打って快勝しましたね。

特にロペス選手はその前にエラーをしてしまっていたので、それを取り返すいい機会になったと思います。

ソフトバンクもエースの成瀬投手を攻略し、攝津投手も粘りのピッチングで勝利できました。

まさか開幕からほぼ全試合荒れるとは想定外でした(;´∀`)

そして開幕のして全チームの成績を見てきましたが【大】不安要素は3つあるとみました。

1つ目は、横浜DeNAの三嶋投手です。
MISIMA.jpg

去年はシーズン途中から中継ぎ→先発に配置転換で、ローテーションを守り抜き、

今年は開幕投手としてローテーションを守ってもらうつもりだったようですが。

昨日の開幕試合、三嶋投手は初回から大炎上し、ルーキーに快挙達成をされるなど

2回9失点という散々な結果に終わってしまいました。

去年の面影が全く無く、打ち込まれる姿はとても目も当てられません。

そして疑問はこのような結果を引きずることなく、ローテーションを守り続けることができるのか?

次回は自信を持って投げれるか?ということです。

自分としては三嶋選手は好きなので、次の登板にはきちんと調整をして望んで欲しいと思っています。

2つ目は、同じく大炎上の能美投手です。

能美投手は、阪神のエースであり、自分としては昨日の試合は悪くても2.3失点に抑えるだろうと

思っていましたが…5回10失点と大乱調でした。
jnkojンロード.jpg

まるでバッティングセンターのようにポンポンと打たれ、坂本、片岡にもホームランを打たれてしまいました。

そしてみなさんあまり注目してないようですが、与四死球は5つ、

そして能美選手といえば、フォーク落として三振、ってパターンですが、

昨日は5回投げていて三振は2つしかとっていません。これは本調子の能美選手とはほど遠いです。

これは、開幕戦による緊張なだけなのか、それとも年齢的な劣化かそれとも…

不安要素が後をたちません。でもどうか今年も2桁お願いします!

3つ目は自分が今最も不安要素にしている中日・谷繁選手兼任監督です。
谷繁ド.jpg

自分は中日ファンではありませんが、競う相手として、少し心配です。

今日まででセリーグで唯一連敗を喫してしまってるのが現状です。

まず心配なのは谷繁監督の負担です、選手兼任は自分の事とチームの事を色々考えなきゃいけないので、

とても大きな負担がかかります。

そのために、采配や打撃成績.守備機会に影響が出てしまうんじゃないかという考えです

今日の試合でも、自分の代打に小笠原起用など、色々迷いが見えます。

勝てない理由としては世代交代に失敗したから…と思っています。

荒木選手などを別に批判してるわけではないのですが、ベテラン選手を跳ね除けるくらいの力を持った

若手がでてこないことは非常にまずいです。特に中日は強打者があまりいませんので

これから長いシーズン戦っていく中で戦い抜くには、色々試行錯誤を繰り返しそうですが

そこは谷繁監督に頑張ってほしいと思っています。

今回はこの3つの不安要素を挙げましたがまだまだたくさんあります。

ですがどのチームも是非優勝に向けて頑張ってください!(自分はSB&DeNAファンですが^^;)

それではまた!!ノシ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。