So-net無料ブログ作成
検索選択

NPB現役最高中継ぎ投手は?【議論】 [芸能]

さてさて、最近はそこらへんに当たり前に転がっているような記事ばっかり書いてましたが、今回は自己流の記事を書いていこうと思います。今まで中継ぎは数え切れないほど見てきましたが、その中で最も優れている投手を決めようということで、名付けて
"現役最高中継ぎ投手は誰だ!?"です!

まず、各球団の現役セットアッパーを挙げてみましょう!
ホークス】森、森福、五十嵐【オリックス】比嘉,佐藤【日本ハム】宮西、谷元、増井【西武】ウィリアムス【楽天福山【ロッテ】大谷【巨人】山口、西村【阪神】福原【広島】中田【中日】福谷、又吉【DeNA】三上、林【ヤクルト】秋吉

ざっと登板数や防御率などを参考にまとめてみましたが、このような感じになりました。
この中で印象が大きいのは、オリックスの比嘉投手と佐藤投手。中日の福谷投手、ホークスの五十嵐投手。ヤクルトの秋吉投手の5選手でした。この5選手にスポットを当ててみましょう!

まずは、オリックスの比嘉投手bb-hasei140614-higa-ns-big.jpg
比嘉投手は、圧倒的な変化球というものは無いものの、サイドハンドからのスライダーやカーブ、シンカー等のバランスと制球力の高い変化球から、抜群の安定感で昨年の防御率はなんと0点代で森脇監督に"切り札"と呼ばせたほどでした。

次に、同球団の佐藤投手0805satoh-001.jpg
佐藤投手は、スライダーとフォーク、そして最速155キロで圧倒的な球威のストレートを武器に、2年連続60試合以上登板&防御率1点代とこちらも中々の選手です。

次は、ホークスの五十嵐投手0904igarashi-001.jpg
メジャーから一昨年日本球界に復帰した五十嵐投手は、カットボールと力強いストレート、そしてメジャーで取得してきたという"ナックルカーブ"で打者を翻弄し、昨年は防御率1点代と球団ホールド記録を塗り替えるなどの活躍を見せました。

次に、中日の福谷投手です。 show_img.jpg
福谷投手は、昨年70試合以上の登板と防御率1点代と安定感を見せてくれました。
投球スタイルは、スライダー等の変化球もありますが、なんと約8割のボールがストレートという押せ押せの投手なのです。

最後に、ヤクルトの秋吉投手です。swa14031819550003-p1.jpg
あまり投げているところを観たことがないのですが、どうやら独特のサイドスローからキレのあるストレート、スライダーとチェンジアップを使い分ける投手みたいですね。
新人ながら、60試合登板、防御率2.28と神宮球場をホームにしていると考えると凄い成績です。

各投手の良いところをまとめみましたが、どうでしょうか?
各球団のセットアッパーはやはりいい選手が揃ってますが、僕が現役最高中継ぎは誰かと言われると、
オリックスの佐藤投手ですかね。
あのストレートは力強くて本当に打てないと思っています。しかしどの投手もよくて決めにくいですね(笑)
皆さんは誰か現役最高中継ぎだと思いますか?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。